AX 2016年08月25日 - 萌えクロニクル/鬱クロニクル

雑記
08 /25 2016
キヤノン、約3,040万画素になった定番フルサイズ機「EOS 5D Mark IV」
ようやく発表がきましたね・・・
そして今までの5Dシリーズの初値を大幅に上回る強気価格設定。
画素数アップ、コマ速は1だけアップ、高感度も1段くらいアップなのかな?
そこらへんは正常進化だけどこれだけじゃこの爆上げには説明がつかない。

そしていまさら4K動画を積んできたはいいが特別すごいのではないし。
動画やライブビュー撮影でようやくデュアルピクセルCMOS AFが使えるようになったけど
ほんと今更過ぎてなぁ・・・。動画撮らんし。

今まで別売りアクセサリーだったwifiやGPSの装置が内臓もされているけど
正直ここら辺は必要な人だけが別売りアクセサリー買って値段を下げて欲しい。
僕は全く使わない機能だし・・・・。
タッチパネルモニターも搭載されたのでライブビュー撮影メインの人はいいでしょう。
ファインダーメインの人間には全く恩恵はございませんが。
そこまでするならバリアングルモニターも搭載するくらいの気概が欲しい。

あと???ってなったのが記録メディア関係でしょうか。
4Kを30Pにおさえたのでそこまで必要ないと判断したのでしょうが
CFastではなく普通のCF、そして一番糞なのはSD規格がUHS-Iどまり・・・。
メディアはさておき、RAWで連射した際の連続撮影枚数ですね・・・
今の5D3だと数枚でバッファフルになって連射できないし。

唯一特筆できるとしたらデュアルピクセルRAWってのであとから現像処理で
解像感やボケシフト、ゴーストがいじれるので現像を想定した絵作りに利点くらいか。

めっちゃ待たされたけど僕に利点がないところばかり進化していて
正直5D3であくまでオールドスタイルな撮影をしてきた人間には
積極的な買い替えをするメリットは少ないように思えてきました。


キヤノン、フルサイズ対応標準ズーム「EF24-105mm F4 L IS II USM」
ずっと1型のがキットレンズとしておりカメラと釣り合ってないなぁ~ってなってましたが
他社に遅れること数年でようやくリニューアルされました。
実写データが見てないけども下手に24-70弐型使うよりいいと思う。
かなり手ぶれ補正も強力に仕上がっているし。
24-70使っているとあとちょっと距離が足りないって時に
こちらの方が常用レンズとして安心かつ手ぶれ補正付き。

キヤノン、超広角ズームレンズ「EF16-35mm F2.8 L III USM」
私にとっての本命となるのはこのレンズでしょうか。大三元のひとつ。
F4の方もちょいと前に発売されてかなり好評でした。
F4だけども11-24という超広角で写りも抜群なのもありますが
お値段が凄い。でも魚眼レンズのごとく前玉がでっぱっているので
レンズの扱いが雑な私には取扱いが難しいの拒否。
F2.8の明るさがいらないならF4のを買うのが
一番コストパフォーマンスが高いと思います。
手ぶれ補正もあるしねぇ。


んでさ、BR技術を使ったレンズが何一つ続報ないんですね。
あとLレンズとはいえ初期ロットは確実に避けましょう。
少なくともメーカー保証がきれる1年ちょいは避けるべき。
今のキヤノンの品質はユーザーでも擁護できないですね。
そして初期ロットの異常も告知されることなく
有償保証でこっそり闇に消されてますし。

この値段ですとペンタックスのK-1に行った方が
動体撮影でもしない限りはお勧めできますね。
あっちの方が色々トビモノ機能がありますし。
スポンサーサイト

venom katoran

性別:漢
年齢:エターナル17歳
生息地:中京圏
職業:技術開発職
格言1:オタクよ紳士たれ
格言2:萌え思う、故に我あり


某は刀をカメラに持ち替えた

現代に生きる武士

レンズの先に

何を見出し

義に応えるのか…

武士道とは

死ぬことと

見つけたり

義に反せしは我が仇

肝に銘じておくべし

★連絡先★
MSN:katoran_eins☆hotmail.com
(メールする際は☆を@に変えてください)